梅雨

もうそろそろ暖かくなってきたと思ったら、梅雨に入りますよね。

そうなると、雨と暖かさとが混ざり合って、湿気でべたつきます。

私は1年でこの時期が一番嫌いなのです。

なぜかというと、前に挙げたのもその理由の一つなのですが、私は髪がくせっ毛らしくて、雨が降ると、まとまりにくくなるのです。

結構そういう人は多いのではないかなー、と勝手に思っています。

もうどういう髪型にすればいいのかいつも迷っていて、結局ポニーテールになってしまうのです。

また、洗濯物も乾きにくくなるし、去年はシロアリが発生したのです!もうそれがトラウマになってしまって、今から梅雨の時期が恐怖で仕方ありません。

みなさんも、シロアリにはお気をつけてくださいね!愛知レイク店舗を探して!

「バリアブル事業の成功は、後加工の所作の差といえる」

そして、その熟練は、若い人へ継承されなければ、
会社としての存続に大きな要因となることは、明らか。


ぜひ、社内を見直し、顧客が求めるレベルを達成できれば、そこは、
論語の「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」のビジネスへの具体的適用と言える。


そして、デジタル化の進化は止まらないこの時代。


プリプレス・PODが、自動化によりどんどん進化していく。


そのスピードになかなか追いつかないのが、後加工。


バリアブル処理の「クリティカスパス」は、後加工へと移ったといえます。


言葉を変えれば、「バリアブル事業の成功は、後加工の所作の差といえる」
人材です。

人財です。

芸術的所作を身につけた人を何人抱えているかです。

自作の写真集

最近はまっていること。


写真のデータで、本を作ること。


いろんなサイトで、写真をはめ込んでいくだけで、自分の写真集が手軽に作れちゃうので、難しいことはしなくて良いところが好き。


サイズや、レイアウト、文字の雰囲気なども選べるし、ネット上で出来ちゃうのも良い。


結婚式の写真集や、旅行の写真集。


アートに撮った写真を使ったり、携帯のアプリで加工してちょっとしたインテリア本みたいなものも出来たり。


写真をプリントすると、アルバムを買わなきゃいけないし、かさばるし、時間が経つと色褪せていくけれど、本にしてしまえばきれいなまま残していける。


友達に見せたら、自分で作ったとは思えない!と言ってくれて嬉しかったなぁ。


子供の写真集や、ペットの写真集をこれから作りたい。


本棚にたくさん自作の写真集が並ぶの楽しみだなぁ。

生活習慣で痩せるダイエット

生活習慣を見直すことで、痩せるためのダイエットを成功させることは可能なのでしょうか。

人によって異なるのが体重が増える理由なのですが、大きな影響を1日の食習慣、睡眠時間、運動量などを含む生活習慣が体重に与えるといわれています。

生活習慣の一部としてダイエットする方法を組み込むことができれば、痩せることはそれほど大変ではありません。

横になってテレビを見ないようにするとか、作業を台所でする時はいつつま先立ちをするなどの方法はダイエットに良いといえるでしょう。

ちょっとしたルールを決めて常に守ることで、痩せる効果が期待できます。

自分なりに痩せることのできる生活習慣を見つけて、実行することも重要です。

生活習慣を見直すことは、ダイエットに効果があるといわれているのです。

人によって異なるのが、どんな生活がダイエットに良いかということです。

大事なことは、自分の体質に合った生活習慣を探すことなのです。

乱れた生活リズムの中でダイエットをすることはできません。

整った生活リズムを送るためにも、自分自身に合った生活リズムを確立するようにしましょう。

脂肪の代謝状態がアップするので、基本的には少々早起きをして軽い運動やストレッチを行い、きちんと朝食を摂りましょう。

習慣的に遅い時間の食事をしていると、摂取したカロリーを消費することなく就寝する状況になるので、脂肪が蓄積してしまいます。

発汗作用を促し、脂肪を燃焼しやすくするには、お風呂にゆっくりとつかる習慣をつけることです。

簡単な習慣を毎日継続することによって、効果的に痩せることのできるダイエットが可能となるでしょう。


【PR】ダイエットの新定番

鼻が痛い病気とは

いつの頃からかドロッとした膿見たいな鼻水が出るようになっていました。

なんとなく気になってはいたのですが、そのままにしておきました。


すると、少しずつ鼻の横に痛みを感じるようになってきました。

ちょっとヤバイかなと思っていた矢先、酷い痛みを感じ、たまらず耳鼻科に駆け込みました。


痛みどめと抗菌薬をもらいました。

病名は蓄膿症でした。

 蓄膿症というとテレビの宣伝で知ってますが、副鼻腔という空洞に膿が溜まるヤツです。


しかし、蓄膿症の症状に痛みがあるとは思わなかったので、病院に行くまではまさか自分が蓄膿症であるとは思いませんでした。


後で調べてみたら、痛みの他にも口臭や鼻が利かなくなるなどの症状もあるようです。

エコなキッチン掃除

「重曹」「お酢」を使って
“地球にやさしい”キッチン掃除!
…と言うコトで、今日からは
具体的なお掃除方法をご紹介していきます。


まずは「シンクまわり」。


キッチンの中で一番よく使う場所ですし、
汚れや水あかが溜まりやすいですよね~。


シンクや排水口も
「重曹」「お酢」でお掃除しちゃいましょう♪
食器洗い後、水分が残っているうちに
シンクや三角コーナーに
重曹をまんべんなく振りかけます。


広い部分は、濡らしたスポンジで。


細かい部分は、古い歯ブラシなどでこすって
最後に全体を水で流します。


仕上げに、水で2~3倍に薄めた「ビネガー水」を
全体にスプレーすればOK!
水あかも防げます。


排水口のお掃除は、
生ゴミなどを取り除いてから
重曹1カップを振り入れるだけで
汚れはもちろんニオイや雑菌も取り除けます。


さらに、温めたお酢をかけて発泡させれば
排水口の先のパイプまでクリーニングできますよ~。


洗剤を使わなくても簡単にできる
“エコなキッチン掃除”。


試してみてくださいね♪

節電の夏

 今年の夏の電力需給対策について、数値目標月の節電要請を2年連続で回避する
方針を固めたと報じていました。


節電目標は企業や家庭に昼間の電力使用の一律削減を求めるため、工場や事務所の稼働率が落ち、
景気回復に水を差しかねないからだそうです。


確かに家庭でも節電だからと無理をして、エアコンを付けずに熱中症で倒れ、
病院に運ばれた人が多く出ました。

私も平日の昼間家にいるのは一人の時は、
なるべくエアコンを我慢して、扇風機でしのいでいます。


それは暑くて玉のように汗が出ることもあります。

昼間の電気代が高いのも気になって
なかなかお昼からエアコンをつけることを悩みます。


今年も数値目標はないにしても、個人個人がこまめに気を付ければ夏を乗り切れると思います。

「惻隠の情」という言葉が、このドラマの底流に流れて、作られたもの

韓国ドラマ「華麗なる遺産」に3月は、はまりました。


といっても、録画を夜遅く見るという日が、20日ほど
月から金曜日まで、続きました。


このドラマで、「惻隠の情」という言葉が、このドラマの
底流に流れて、作られたものというのがわかり、
かつ、正しいものはいつかは、報われる。


勧善懲悪という、日本の時代劇の筋にもにた「安心して見れる」
作りです。


ドラマの、主な流れは、見ていただくとして、
日本の同種のドラマより、「心地がいい」状態で、はまってしまいました。


女優さん・男優さんは、今一の芝居でしたが、ままよしとして、
びっくりしたのが、韓国の社会情勢(就職難と雇用不安)への提案があることでした。


会社の社長が持っている株を、社員に移譲する行為です。


長く、会社を成長させていけるのは、働いているみんなの力の結集がないとできない
加えて、特定の個人の満足より、社員の多くの人が安心して「がんばろう」という
モチベーションをあげることができる方法は、社員持ち株制度です。


国内でもこの仕組みを作り上げた企業は、数少ない。


しかし、それは、理想郷にもにた、憧れの形態です。

夫婦喧嘩

時々起こる夫婦喧嘩。

喧嘩までいかなくても、ほんの小さい些細な事がきっかけで、
二人の間に漂う、嫌な雰囲気。

言い出せないこと、気持ちの中に溜まった不満。


一つ一つの原因は、パートナーに多くあると私は長い間、そう思っていました。


ところが、自分のことを少しずつ すこ~しずつ理解していくうちに、気がついたのです。


相手の問題とすり替えていた自分自身の問題点に
相手を思い通りに動かしたいと思う気持ちが強くあって、ゆえに思い通でないと相手に不平不満が生まれます。

感情に任せた幼い部分が多く冷静さに欠けていました。

いいたいことがうまく伝えられてないのです。

相手の思いを勝手に想像して相手も自分を追い込むのです。


まだまだ、書ききれないくらいにあったのですが
こうして長い時間をかけて自分の事を理解できるようになると、相手の事も理解しようと思えることになるのです。


自分の事もわからないのに、相手の気持ちを理解するなんて、そんなに簡単なことじゃないってことに気付く事ができます。


それぞれが自分流の思いや考え方を持っているということにもなります。

引越しは田舎から都会

引越しは、基本的に田舎から都会というパターンが多いです。


専門学校や大学、会社などは、都会に多くありますから、自然の流れですね
高校を卒業して、都会の大学へ行くとか会社へ行くとか、多くの若者は、
都会へ流れていきます。


まあ、田舎は店も少ないですし、生活するには少し不便かもしれません。


逆に考えて、都会から田舎へ行くことは少ないと思います。


まったくないわけではありませんが、大学卒業して、就職先が地元の役所関連で、
実家や地元に戻るといったパターンでしょうか?
また、会社勤めの人が、農業に就業するとか?
ある程度、都会で働いて、両親が高齢になったので、農業や家業を手伝うといった
パターンもあるかもしれません。


いずれにせよ、田舎の町は、過疎化が進んでいるのが現状です。


今は、高齢者の方が都会に住むといったパターンもあるようです。


都会の方が、バリアフリーや病院なども近くにあって、
田舎よりも高齢者にやさしいと思います。


【PR】
クロネコヤマト 単身パックなら、ひとり暮らしの引越しは格安でできます。