自宅への営業を断る簡単な方法

専業主婦をしていると当然ですが、宅配便や郵便物、押し売りなどの来客全てに対応することになります。


私の性格は押しに弱いというよりは、「自分を悪者にしたくない、良い人に見られたいタイプ」なので、
押し売りで訪ねてくる方への断り方には四苦八苦することがあります。


最初にハッキリと興味ありません!と断ればいいものの、なぜか相手の話をじっくり聞くという、
非常に偽善的な対応をとってしまうのです。


そしてどういうわけか、そのお話をされている方に対して無駄な賛辞とお礼の言葉を述べたりするのです。


「それは素晴らしい!勉強になります!ほぉ、そんなことがあるのですか!すごいですね!」等々。


どうせ後では断るくせに、自分を良く見せて、相手を傷つけないように断るにはどうしたらいいか?
という思いが頭の中をぐるぐると駆け巡っているのです。


そんな感じで数十分後、やっと断ったりするのですが、最近一番良い断り方の方法を知ることができました。


それは自分ではなく夫に対応をしてもらうことでした。


夫が自宅にいる時には必ず対応してもらうことにしたのです。


夫はすごいです。


15秒以内に話を終了させることができます。

「ウチは新聞読みません!」などの一言で終わりです。


この人と結婚して良かったなぁと思う瞬間ですね。