リバウンドを防ぐためのポイント

食事をダイエット中にどのような方法で摂るかということが、ダイエットでリバウンドを防ぐためのポイントです。

体重をいきなり減らさないことがリバウンド防止には最も良いことです。

カロリー制限は少しだけするようにし、厳しくしすぎないように心がけましょう。

夕食に飲み会があるなら昼食は軽くすませたり、昼に食べ過ぎたら夜は少なめにするなどでバランスを取ります。

ずっとやめることなく食事制限を続けましょう。

究極を言えば体重を減らすこととは、消費カロリーより摂取カロリーを減らすことではないでしょうか。

摂取カロリーと消費カロリーを同じにすることが、リバウンド防止には有効です。

食事制限によるダイエットをすると代謝が低下し、消費カロリーも減ります。

消費カロリーの量が少なくなった分に合わせて食事をするように気を付ければ、リバウンドを防ぐことはできます。

もしストレスを抱えながら食事制限をするのであれば、すぐにやめてしまうでしょう。

よく噛んで食べたり、ゆっくり食べるなどで満腹中枢を刺激すると、少量の食事でも満足でき、リバウンド防止になります。