子宮頸がんの危険

ひところは、猛烈に呼びかけていた子宮頸がんワクチンでしたが
重い副作用があって、中止になりましたね、
しかし、子宮頸がんの危険が減ったわけではありません。


子宮頸ガンが近年、20代後半から30代に急増しています。


子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、がんによる死亡原因の第3位、
女性特有のがんの中では、乳がんに次いで第2位を占めています。


特に20代から30代の女性では、発症するすべてのがんの中で第1位です。


全世界で毎年、27万人もの女性が、
子宮頸がんによって大切な命を失っています。


これは時間に換算すると約2分間に1人の割合です。


荒木式がん対策より。


日本でも、1年間に約8万人が新たに子宮頸がんになり、
約2500人が死亡しています。


これは交通事故で亡くなる人の1/3に当たります。


がんと聞くと、身近な家族や親戚にがんになった人がいるとなりやすい、
というイメージがありますね。


しかし、子宮頸がんは遺伝などに関係なく、
経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。


子宮頸がんは、子宮の入り口付近(約1/3)にできます。


子宮の入り口の皮膚の粘膜にガンの引き金になるウィルス
(HPVヒトパピローマウィルス)が感染して起こります。