インターン先から評価されれば

高校生のころから夏休みを活用して積極的にインターンに取り組む生徒もアメリカにはたくさんいるといいます。

優秀だとインターン先から評価されれば、内定をそのままもらえるパターンも多いようです。

ほとんどのアメリカの学生は、インターンを就職のためにしているといっても過言ではありません。

いくら新卒者でも、即戦力になれる人材が求められるのがアメリカの特徴です。

インターンとして大学生のうちから仕事を覚えてもらい、卒業までにすぐ使える人材として育成し、卒業後採用するという方法がアメリカでは当たり前になってきています。

日本にもインターンの制度はありますがまだ一般的なものではなく、就職につながるケースはそれほど多くありません。

新卒採用とインターンは、アメリカの就職では深く関係しているといえます。