シャーロットがキャサリンに

シャーロット・ケイト・フォックスが9月放送の山村美紗原作スペシャルドラマ「名探偵キャサリン」の主役・キャサリン役にきまった。


シャーロットはNHK連続テレビ小説「マッサン」のヒロイン・エリー役で人気を博した女優。


キャサリンは、副大統領の一人娘で、富豪のビジネス・ウーマンというバックグランドから勝ち気な性格の持ち主だが、友情を重んじ、正しいことを貫く、というキャラクター。


今まではかたせ梨乃らの日本人が演じていたが、アメリカ女性が演じるのは初めて。


きっとはまり役でしょうね。


共演陣には実力と人気を兼ね備えた豪華キャストが顔をそろえる。


シャーロットの相手役には英語も堪能な谷原章介、殺人事件に巻き込まれる御曹司役には歌舞伎役者の尾上松也、華道界のライバル役に笛木優子と高岡早紀、キャサリンに協力する刑事を宇梶剛士、外務大臣を里見浩太朗が務める。


今から放映が楽しみな作品です。


キャサリンの原作はほとんど読んでいるので、そのギャップを見るのも楽しみ。


それにしても山村美紗の小説は2時間ドラマにピッタリですね。