ところで今回のW杯の開催地は

ブラジルであった。

そのため、サンバ色を取り込んだ多くのテーマソングを耳にすることができた。

サンバ独特のリズムとサッカーというものはとてもよくマッチするように思う。

サッカーには不可欠である突き抜けるエネルギッシュさを同じくサンバという音楽も持ち合わせているのではないかと熱気にあふれたリズムにそんなことを感じさせられた。

伝統的な音楽と最先端の音楽の融合というものは非常に素晴らしいものを生み出す。

その融和を生む機会としてもスポーツの祭典というものは非常に大きな役割を持っている。

新しい種類の音楽に触れ、更に新しい世界を広げることができる。

そのような楽しさを今後も世界各地で味わうことが出来ればと願う。

様々なスポーツシーンを盛り上げる音楽というものはいつもこちらを楽しませてくれる。

その理由としては、そのスポーツが行われる地域になじみ深い音楽の要素を取り込んだ音楽に数多く触れる機会があるという点があげられる。

それは伝統と新しさとがまじりあった音楽が新たに生まれる絶好の機会ではないだろうか。