「バリアブル事業の成功は、後加工の所作の差といえる」

そして、その熟練は、若い人へ継承されなければ、
会社としての存続に大きな要因となることは、明らか。


ぜひ、社内を見直し、顧客が求めるレベルを達成できれば、そこは、
論語の「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」のビジネスへの具体的適用と言える。


そして、デジタル化の進化は止まらないこの時代。


プリプレス・PODが、自動化によりどんどん進化していく。


そのスピードになかなか追いつかないのが、後加工。


バリアブル処理の「クリティカスパス」は、後加工へと移ったといえます。


言葉を変えれば、「バリアブル事業の成功は、後加工の所作の差といえる」
人材です。

人財です。

芸術的所作を身につけた人を何人抱えているかです。