チェキ再ブレイク!!

カメラ市場においてデジカメが主流になってずいぶん経ちます。

しかし富士フイルムでは、フィルムカメラの販売台数が増えているそうです。


スマホの登場によりデジカメ市場は収縮の方向に向かっています。

最近はスマホでもきれいな写真が撮れますからね。

そんな中、対照的に売り上げ絶好調なのがインスタントフィルムカメラの「チェキ」です。

海外ドラマで使用されたのを機に、アジア圏中心に再び人気に火がついたそうです。


主な購買層は、デジカメもしくはスマホ世代の10代~20代の女性。

フィルムカメラ独特の風合いや撮影したその場でプリント出来る、といったことに魅力を感じているようです。。


確かに私も、デジカメを使用するようになってから現像する回数が減りました。

画面で見ることが出来るから、「現像はまた今度でいいや」ってなっちゃうんです。


私たちにとって「チェキ」は古いイメージですが、今の若者にとっては新しいもの。

やはり時代は回るんですね。